top of page
検索
  • 執筆者の写真Yasuaki Harabuchi

和歌山城(2023年4月12日)

更新日:2023年11月21日

和歌山城は、徳川御三家の一つ紀州藩紀州徳川家の居城である。天正13年(1585)に紀州を平定した豊臣秀吉が弟の秀長に築城させたのが始まりです。その築城を担当したのが、築城の名人藤堂高虎(とうどうたかとら)でした。まず、秀長の城代として桑山重晴(くわやましげはる)が入り、慶長5年(1600)には、関ヶ原の戦いで功をたてた浅野幸長(あさのよしなが)が入城。そして、元和5年(1619)には徳川家康の第10男・頼宣(よりのぶ)が入城し、紀州55万5千石の城となり、以来、水戸・尾張と並び、徳川御三家のひとつとして、長い歴史を刻んできました。和歌山城の石垣には、紀州特産の青石(緑泥片岩)が多く使われ、国の史跡に指定されている(http://wakayamajo.jp/index.html)



閲覧数:18回0件のコメント

Comments


bottom of page