top of page
検索
  • 執筆者の写真Yasuaki Harabuchi

妙義山・妙義神社のちょっと早い紅葉(2023年11月4日)

更新日:2023年11月21日

群馬県甘楽郡下仁田町・富岡市・安中市の境界に位置する日本三大奇景の一つとされる山である。白雲山・金洞山・金鶏山・相馬岳・御岳・丁須ノ頭・谷急山などを合わせた総称で、右から白雲・金洞 (1,094m) ・金鶏の三山が並立している。なお最高峰は相馬岳 (1,103.8m)である。特に下仁田側から眺望できる金洞山 (1,094m) は別名中之嶽と呼ばれ、親しまれてきた。妙義山はデイサイト溶岩、凝灰岩、礫岩で出来ている。いまから300万年前までの本宿カルデラを形成した火山活動があり、南西側にある荒船山と同時期に形成した溶岩体である。その後周囲の柔らかい堆積層が浸食され溶岩の岩体が露出したと考えられている。この険しい岩峰の尖った荒々しい山容の奇観から日本三大奇景の一つに数えられており、また国の名勝に指定され、日本百景にも選定されている。




閲覧数:14回0件のコメント

Comments


bottom of page